入ってよかったと思っている学資保険について

子供たちが生まれてからすぐに学資保険の加入を考えていたのですが、自分たちの経済的なこともあり、すぐに学資保険に加入することが出来ませんでした。

周りの友人、家族などから聞かされていたので、加入するならば出来るだけ早めに加入しておいたほうがいいことは理解していたのですが、現実問題、それなりの毎月の支払いが発生してくるため、その毎月の支払いが可能かどうかを考えると加入契約まで踏み切ることが出来なかったのです。

出産を機会に今まで続けていた仕事を辞めざるを得なくなってしまったこと、これから子供を育てていくにあたっての必要な出費などを明確に把握出来ていなかったこともあり、加入する時期が遅くなってしまったことを若干後悔しています。

我が家の毎月の収入、出費をきちんと計算、管理出来る性格でしたらよかったのですが、あまりそういった家計の管理が得意ではなかったのも問題でした。

それでも、実家の母に相談したりして、少しずつ毎月の収入、出費をある程度把握、管理することが出来るようになり、学資保険の毎月の支払いが可能になるくらいの余裕が出てきました。

本当は、いくつかを検討して加入するところを決定する予定でしたが、最初に訪れた店舗で、担当してくれた方がひとつひとつ丁寧に説明してくれたこともあり、結局最初の店舗で学資保険に加入することになりました。

私のように、学資保険の加入が大切なことはなんとなく理解出来るけれども、実際にどのくらいの支払いが発生するのか、毎月支払っていけるのか、またそもそも学資保険に加入することでどのようなメリットが考えられるのか、といったことをきちんと分かっていないから今はまだ加入していない、という方がいれば、ぜひとも一度相談に行かれることをおすすめします。

私は自分がきちんと毎月の家計状況を把握出来ていないこともあり、相談に行かないままにしていましたが、相談に行ってすぐに加入手続きを取らないといけないような流れにはなりませんでした。

もちろん入ったほうがいいですよ、というセールストークはあります、でも、そうなんです、入ったほうがいいです、ということをなんとなくではなく、具体的な数字、金額を示しながら説明してくれるので、その数字、金額をもとに加入が可能かどうかを考えることが出来るのです。

加入してから数年後、小学校入学前に合わせて学資祝金が支給、振込されたこともあり、あの時、きちんと説明を受けて加入をしておいてよかったんだな、と思っています。

あまり自慢できるような流れの学資保険加入ではないのですが、私のように家計状況の把握、学資保険の必要性をあまり理解出来ていない、という方の参考になれば。

何となくで加入した医療保険が出産時に役に立ったこと

私が医療保険に加入したのは27歳頃だったと思います。

何の医療保険が良いのか、何てものは考えず、終身保険の中で値段の安い保険、というとても安易な探し方でした。

しかも他にがん保険や死亡保障など何をプラスすれば良いのかも分からず、かといって何も保証を付けなくて良いのか分からず悩みました。

そこで私が女性だから、という理由で女性特有の病気や帝王切開などに利用できる女性特約をオプションとして付けました。

そして医療保険に加入して4年目に子どもを妊娠しましたが、妊娠4か月の時に大きな子宮筋腫が産道の近くにあることが分かり、このままいくと帝王切開で出産する可能性があることを言われました。

セカンドオピニオンで大学病院まで行き、診察してもらいましたが、そこでも結果は変わらずでした。

結局、出産は帝王切開で決まってしまったのです。

そこで主人の両親から医療保険に入っていないか、確認されました。

帝王切開なら手術の扱いになるので医療保険が利用できるのではないかと、言われたのです。

そこで加入している医療保険の会社に電話で確認をしたところ、医療保険は適用になるだけでなく、私は女性特約に加入していたのでそちらも合わせて利用できるとのことでした。

入院する前に必要な書類などを送ってもらったり、こちらで用意する書類などを確認したりと、入院する前に出来ることはしておきました。

もちろん書類に記入する部分は入院前に終わらせておきました。

医療保険の電話での担当者は非常に雰囲気の良い人でした。

医療保険を支払い続けていたとはいえ、お金をもらうわけですから、言葉は悪いですが値切られるようなこともあるのかな、と思い込んでいたのですが、帝王切開で出産は大変ですね、や、手術は頑張ってくださいなど励ますことばをたくさんもらえました。

またいくら給付されるのか、といったお金の部分も詳しく説明してもらえたので、説明を受けて不審に感じたり不快に感じることはありませんでした。

帝王切開で出産だったので、他にも限度額適用認定証も利用出来ましたし、更に医療保険と女性特約のおかげで入院費と出産費用などを支払っても金銭的にはプラスになる出産をすることが出来ました。

ただ金銭的な負担はありませんでしたが、体的にはつらかったですが。

子どもを2人生んだ今現在は、他に出産する予定はなく、女性特約を外すかどうかを現在は悩んでいます。

病気や手術の内容に関係なく、現在の医療保険は利用することが出来ますが、手厚い補償、という面では不安に感じる部分もあります。

そのため単純な医療保険にするか、特約を外すか、もしくは新しく他につけるかはこれからゆっくりと考えます。

貯蓄型の保険に入ったきっかけー職場の同僚の紹介でー

わたしが保険に入ったきっかけを紹介します。

そのとき当時26歳で第2子妊娠中でした。

子育て中のため自由に使えるお金があまりないので保険のことは以前はあまり考えていませんでした。

実の親がかけてくれている生命保険があったのでそれでいいかなという程度でした。

しかしながら二番目の子どもも生まれるわけですし,自分の命や自分の財産が自分だけの都合で扱えるものではなくなってくると思い,ふと同僚に話題になればいいなと思い,保険のお話をしたところ,その方は以前保険会社働いていたようでその方の入っている保険会社を紹介され,担当の方と会う段取りまでしてくださいました.。

なんとなく保険に入らないとなあと思っていたところに保険会社の担当の方とお話するというところまで一気に話が進みました。

こういうことも縁なのだなと思いました。

すぐに直接会ってお話する機会が設けられました。

保険会社の方は仕事が早いですね,顧客を逃さない術でしょうか。

保険の仕組みなどのお話を聞き,わたしは飲み物をごちそうになりました。

保険会社の方と会うときはおいしいものが飲めるなあと得した気分でした。

すぐに契約するのも早すぎるかなと思い,一旦考えてみますというお返事をしました。

お話させていただいたときにもらった資料を手に,他の保険プラザへ足を運びました。

保険のプランを比較しようと思ったのです。

また保険会社の方が言っていたことが果たして本当なのか確かめにいきました。

貯蓄型の増額パーセンテージや保証の厚さなどを比較しました。

おそらくスパっと決めてしまうのでなく,いくつか比較し,自分に合った保険に入るようにした方がいいと思います。

保険ひとつひとつに長所や短所があることがわかりました。

結局最初に同僚に紹介された保険会社の保険に入ることにしました。

前述のとおり自由に使えるお金がすくないため今は貯蓄型の保険を選びました。

健康にはある程度自信がありますし,満期まで払い込めばかなりお金が増えて戻ってくるため,年金が確実にもらえるかどうかも定かでない現代なので貯蓄型を選びました。

今後仕事に復帰し自由に使えるお金が増え次第また保証を追加したりなど検討するつもりです。

保険に入ったことで,自分にもしものことがあったときの不安が改善されました。

また何も保険に入っていなかったころと比べて,自分の人生を家族のためにしっかり送ろうと思う感情が増えました。

保険なんてまだまだ入らなくても大丈夫と思っている若い方は多いと思いますが若いうちにしっかり調べて保険に入ることで自分の人生を大切にする意識もふえますし何より若いほうが保険料が安いです。

保険はお金を捨てるだけのものと正直思っていましたが,家族や自分を守ってくれるものなのだと考えがかわりました。