郵便局の保険「かんぽ生命」の局内チラシが魅力的過ぎました・・

保険を見直さなければ掛金がもったいないな、「保険の窓口」に相談に行ってみたいなと以前から思いながらも何かと忙しいとか理由をつけては相談にも行けずにいましたが、たまたま寄った郵便局で順番待ちをしていたときに目に飛び込んできたチラシ「かんぽ生命の~満期保険金100万円プラン~(加入年齢40歳女性のプラン(例))」というものがありました。

今まで大きな病気もせず、ただただ掛け捨ての保険(大手)に加入して20年ほどでしたが、子供が生まれたり進学などのその時ライフプランに合った保険の見直しや提案、挨拶すらもなく、ズルズルと何百万以上も掛け捨ててしまっており、いつももったいないな・・という思いがあった私には、衝撃のチラシでした。(しかも40歳女性でしたので)

子供も大きくなり、私も主人も年齢を重ねてきた為これからは終身保険ではあるものの、死亡保障よりも通院入院などの医療保障が充実しているものを、しかも何かボーナスのような数年後に楽しみを持ちながら健康を目指して生活できるものを、と考えました。

かんぽ生命について尋ねてみると、掛金の半分は保障に、もう半分は積み立てているような感覚でとの説明がありそこで既に惹かれてしまいました。

チラシをきっかけに自分の保険のプランを見直した

毎月積み立てをしようと考えても、今までは色々な銀行に分散してしまっていたので自分でもよく把握できなくなっていたこともあり、しかもこの低金利の時代なのでこの機会にしっかり見直してみようと思いました。

今まで出産での入院しか経験がなかたので、治療内容にもよるとは思いますが入院1日あたりどれぐらいの負担がかかってくるのか等も全く見当もついておらず、放射線治療等は大変高額になるのだろうなという漠然とした想像でしかありませんでしたが、大まかな試算をして頂き、最低限プラスほんの少しのゆとりを持てるプランを見つけることができました。

掛金・満期金のプランによっては日帰りの外来手術でも(目の「ものもらい」の切開でも対象になるとのこと)10000円近く~保障されるとのことで、安心して通院できる感じが満載でした。

大手保険会社では何か聞きたいことや請求したいことがあってもなかなか担当者に繋がらないなど、大きな掛金のわりに基本的な面で不便さを感じていましたが、郵便局の取り扱い保険なので、聞きたいことがあればすぐに質問できたり「町の郵便局」ということもあり親身さと安心さは段違いに良いと私は感じました。

こんなことならもっと早くに子供の為の「学資保険」も検討しておけば良かったと悔やんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です